組合員の方へ

2015年8月25日発行 79号

2015年08月25日 (火)

第25回通常総会、第49回通常総代会、6月18日開催
事業計画と役員を承認

東京都飲食業組合の平成総代会と総代会懇親会が、2015年6月18日に新宿京王プラザホテルにて行われ、昨年度決算と、今年度の事業計画が承認されるとともに、常任役員・監事が選任されました。

 原田理事長は昨年来からのアベノミクス効果がじわじわと広がっているものの、依然として厳しい状況が続いていることを報告。

 飲食業全体のサービス向上として、IT促進事業や、飲食店で発生しがちな問題への対策を取りまとめた「困った時の飲食業SOSハンドブック」を制作し、各支部を通じて配布を始めたことなどを報告しました。

 同ハンドブックは、アレルギー、予約苦情、盗難・食中毒、外国からのお客さまへの対応など、様々なトラブルへの対策や予防を、組合員の皆さまの声を反映しており、既存の店舗経営者のみならず、新規開業をめざしている方への貴重な情報が掲載されています。

 今後は東京オリンピックを控え、円安と相まっての外国人観光客の増加が見込まれており、景気回復による内需拡大とあわせ、各国語対応など、多様化するお客さまのニーズにきめ細やかに対応できるサービス力の強化と、更なる飲食業の振興を図っていくことを中心に平成27年度の予算が策定された経緯について、報告があり、通常総会で承認されました。

 同日、総理大臣官邸で開催された第1回サービス業の生産性向上協議会で、飲食業界の生産性向上について、事例紹介とプレゼンを行う(6面に関連記事)など、飲食業の活性化をめぐり当組合が行っている様々な活動には、各所から注目が集まっており、本年度も精力的に活動を展開していく予定です。

H27年通常総会

H27年通常総会

H27年通常総会